ライフティで借入れしたい!学生は可能?

ライフティはプロミスやアコムなどの大手消費者金融のような知名度がまだない中小の消費者金融業者ですが、無利息期間サービスがあったり、ポイントプログラムがあったり、また審査通過率が高いことなどが評価されていて人気の業者になっています。

 

融資も全国規模で行われているので、誰でも申込がしやすいというメリットがあります。
さてそんなライフティですが、学生でも融資を申し込むことは可能でしょうか?

 

学生でも問題ありません。

 

ライフティの基本融資条件は2つです。年齢が20歳以上69歳以下である事、そして安定した収入があることです。ですから高校生は基本アウトですが、成人した大学生や専門学校生などは問題なく年齢条件をクリアしています。

 

また収入についてですが、こちらはアルバイトなどの収入があればやはり条件に合っています。学生の場合は社会人で仕事1本でやっている時ほど収入がないものの、人によっては学業と両立して6万円とか8万円とかを稼げるひともいるでしょう。ライフティの「0.3秒診断」では月2,3万円での収入でシミュレーションをしてみても、「ご融資可能かと思われます」という回答が返ってきます。

 

実際に通るかどうかは本審査によりますが、少なくとも収入がある程度あれば借入OKとしてくれる可能性はあります。ただその場合でも借入限度額は大きな額にはならないということは予測できます。

 

学生がライフティで借入申込する時の注意点

学生もいろいろお金がかかるとはいえ、やはり本分は学業ですからバイトでそれほど稼げることはないでしょう。
ここで覚えておきたいのは総量規制のルールです。これは貸金業法で定められている貸付制限のことで、ある人の年収の3分の1までしか業者は貸付を行えないというルールです。

 

仮にある学生が月収5万円のバイトをしているとすると、この学生の年収は60万円ということになります。その3分の1は20万円です。ですから最大でもこの学生が利用できる限度額は20万円までということになります。

 

また金利に関しても慎重になる必要があります。もし総量規制やライフティ独自の審査によって、上限金利の20.0%が適用されるとしたら学生には高い金利になってしまいます。借入限度額が10万円以上ならば18.0%になりますが、もし5万円とされたら20.0%適用です。

 

学生ローンの中には17.0%といった通常よりも低い上限金利のところもありますから、場合によっては別のカードローンを申し込む方が利息で損しない場合があります。