水商売ってどんな職業?

水商売とは一般的に夜の時間帯に従業員が飲食や会話などの接待サービスをする職業というイメージが強くあります。
しかし実際には水商売は比較的安定性が低く、周りの情勢によって左右される職業というニュアンスがあります。
例えば客の入りが盛況な時は収入がよく、閑古鳥が鳴くような時は低収入になるような商売を指します。その意味でいうと芸能人や料理店も水商売の部類に広義では入ると言えます。

 

水商売の人はライフティで借りられる?

では水商売に従事している人はライフティで借入することはできるでしょうか?

 

結論から言うと可能です。ライフティはもともと審査通過率がとても高いことで知られていますが、水商売であるかどうかというより、安定した収入があるかどうか、そして年齢が20歳以上69歳以下であるかが大きなポイントになります。

 

年齢条件をクリアするかどうかはすぐ分かりますが、では安定した収入という意味ではどうかというと、これも毎月一定の収入があるのなら大きな心配をする必要はないと言えます。

 

ライフティには 「0.3秒診断」というページが公式サイトに用意されていて、年齢と年収、他社からの借入件数、現在の他社借入金額などを入力すると、借入が可能かどうか簡易的な審査をしてくれる機能があります。

 

もちろんこれはあくまで自動的な簡易審査なので、実際の本審査でどう判断されるかは未知数です。とはいえこのページで仮に年齢を30代、年収を36万円(月収3万円)、他社からの借入0円、現在の借入額0円としてシミュレーションにかけてみると、「ご融資可能と思われます」という回答が表示されます。

 

ですからこの回答からしても、仮に月収10万円ほどであるとしてもライフティの審査に通る可能性は十分にあると言えるでしょう。水商売は公務員とか正社員と比べると安定した収入という面でマイナス要素を含んでいますが、よほど信用情報が悪いとか、他社からの借入れ件数や額が多いということでもない限り、水商売と言うだけで審査に落とされることはないでしょう。

 

水商売の人が融資の申し込みをする時の注意点

水商売の人で接客業に従事しているという場合、夜の営業に限られていると、日中行われる在籍確認の電話に対応できない恐れがあります。

 

ですから在籍確認の電話がちゃんとつながるように対策を取る必要があるでしょう。
責任者の人にあらかじめその点を伝えておくとか、ライフティ側になにかしらの時間的都合をつけてもらうなどの工夫をしておくと無難です。
在籍確認は審査の重要項目なので、不備がないように心がけましょう。